体に安心な自然派食品

そもそも、添加物とは、体に良い影響を与えるものではなく、悪い影響を与えるもののほうが多いです。
それでも添加物が使用されているのは、防腐目的だったり、香り付け、色付けといった美味しそうに見せるためです。
しかし、ある添加物の場合、ごく僅かな量をマウスに摂取させたところ、死に至ったものまで存在します。

ですが、ほとんどの場合、含まれている量が人間の体重にとっては、非常に微量となる為、軽視されてしまっています。
実際に添加物が体に悪い影響を与えるという認識を持っている人は少なく、見た目の綺麗な、着色料をふんだんに使用した商品がよく売れるという状態になっています。
また、カロリーを抑えるために人口甘味料を使用している商品が非常に多いです。現在でもカロリーオフの新商品は、次々と開発され販売されています。それだけ、カロリーオフの商品の需要が高い為です。
そういった状況を打破するべく、今、無添加食材をすすめている専門家が増えてきています。
その効果もあり、現在は少しずつではあありますが、無添加食材が注目されてきています。
今後は更に無添加の商品が増えていくことは間違いないです。
しかし、その一方でカロリーオフの商品も増えていくのは避けて通れません。



安心して美味しい水が飲める浄水器


日本の水道水は高度浄水処理がされています。ですから、日本の水道水は飲料水として飲むことができるのです。しかし、世界的に見ると、まだまだ日本のように整備されていなく、水道水を飲むことができない国も多くあります。ですから、それらの国と比べたら、日本の水道水は整備されていて、安心なのです。日本の水道は、国が定めている安全基準に基づいた水道水を供給することが義務化されているのです。

 

しかし、実は水道水をそのまま飲んでいる人は全体的に少ないようです。ミネラルウォーターを購入して飲んでいる家庭や、浄水器を用いて飲んでいる家庭が多いのです。

Close-up pouring water into glass on a blue background

日本の水道水は飲めますが、味で言ったらミネラルウォーターや浄水器を通した水が美味しいでしょう。ミネラルウォーターは毎回購入しなくてはいけないので、1度購入するだけで済む浄水器より全体的に言ったら、お金がかかってしまいます。ですから、ミネラルウォーターよりも浄水器を購入する方がお得で便利です。
安心して美味しい水が飲める家庭浄水器があります。それは、三菱レイヨン・クリンスイの浄水器です。三菱レイヨン・クリンスイの浄水器は、浄水能力№1の浄水性能を持っています。家庭用品品質表示法の除去対象13物質、浄水器協会の除去対象2物質の計15物質をしっかり除去する力を備えているのです。

 

こちらの三菱レイヨン・クリンスイの浄水器には、ポット型浄水器・蛇口直結型・据置型・浄水シャワー・タンブラー・スポーツタンブラーといった、いろいろなタイプのものが揃っています。ですから、ご家庭で使いやすいタイプのものを選べばよいのです。このように種類豊富で、なおかつ安心して美味しい水が飲める浄水器です。ご家庭に浄水器を1つ用意しておくと良いでしょう。毎日美味しく水を飲むことができます。

微炭酸ミネラルウォーター:サンペレグリノ

gf0750180592w

意外と炭酸が苦手という人は多いみたいで、ジュースだけでなく炭酸水が嫌いな人もいるかもしれません。でも、微炭酸ぐらいなら飲めるという人は多いみたいですね。そんなちょうどいい微炭酸の水がサンペレグリノです。

 

あまりなじみがない名前かもしれませんが、サンペレグリノはイタリアのミネラルウォーターになります。正直な所、炭酸は私も苦手なのですが、サンペレグリノはいけました。むしろ好きです、これ。恐らく、炭酸好きな人なら気が抜けたと思うかもしれない程度の微炭酸です。私もそう思ったぐらいですから。

 

でも、水の炭酸ってこれぐらいがちょうどいいのではないかと思います。イタリアでは食事の時にサンペレグリノを飲むことが多いらしいですよ。確かに、この微妙な炭酸が食欲を増進してくれるだけでなく、口の中もさっぱりと洗い流してくれるのでお勧めです。

 

大好きなのでまとめ買いをしていますが、あんまり売っているお店もないし、重いのでインターネットで安いお店を探しています。季節にもよりますがサンペレグリノ24本セットを2セットでだいたい一月もつかもたないぐらいですかね。3分の1ぐらいになったらまた買うってサイクルで利用しています。

腎臓病患者向けの食事療法

腎臓病は、自覚症状が少ないといわれている病気です。徐々に病気が進行し、体の不調が見られないまま過ごすという人がほとんどです。

腎臓病が発覚するケースは、定期健診で行う尿検査が多いです。腎臓は体内の物質や水分を濾過し、流し出す臓器ですから、正常に機能していないと、尿に糖や蛋白、血液が流れでてきます。検査前の食事の影響など、一時的なケースもありますので、そこで異常値が出た場合、再検査や精密検査をしていきます。

定期健診をされている方は、比較的初期の段階で発覚するのですが、ひどい場合は定期健診を何年も受診しておらず、腎不全を起こして病院に運ばれるケースもあります。こうなると、最悪の場合、腎機能が停止し、死に至る可能性すらあります。

とはいえ、腎臓病になっていないのに、腎臓病を気にして生活する人も少ないと思いますので、まずは定期健診をしっかりうけることです。日常的にできる腎臓病の対策としては日頃の生活習慣が大事と言われます。野菜や果物をたくさん食べることで腎臓病になるリスクが少なくなります。

ただ腎臓病になった人も病気を改善するには食事療法が良いとされています。腎臓病の食事療法まとめサイトをみてもらえれば、どのような栄養を取ったらよいか分かると思います。まだ最近人気が高くなっている宅配食についても情報がありますので必見です。




↑ページトップへ戻る