体に安心な自然派食品

そもそも、添加物とは、体に良い影響を与えるものではなく、悪い影響を与えるもののほうが多いです。
それでも添加物が使用されているのは、防腐目的だったり、香り付け、色付けといった美味しそうに見せるためです。
しかし、ある添加物の場合、ごく僅かな量をマウスに摂取させたところ、死に至ったものまで存在します。

ですが、ほとんどの場合、含まれている量が人間の体重にとっては、非常に微量となる為、軽視されてしまっています。
実際に添加物が体に悪い影響を与えるという認識を持っている人は少なく、見た目の綺麗な、着色料をふんだんに使用した商品がよく売れるという状態になっています。
また、カロリーを抑えるために人口甘味料を使用している商品が非常に多いです。現在でもカロリーオフの新商品は、次々と開発され販売されています。それだけ、カロリーオフの商品の需要が高い為です。
そういった状況を打破するべく、今、無添加食材をすすめている専門家が増えてきています。
その効果もあり、現在は少しずつではあありますが、無添加食材が注目されてきています。
今後は更に無添加の商品が増えていくことは間違いないです。
しかし、その一方でカロリーオフの商品も増えていくのは避けて通れません。



宴会場予約の上手な段取り法

初めて幹事を任せられた人は、どのような段取り方法がいいのか分からない場合が多いです。上手に進行したいと思うものの、迷ったり悩んだりしてしまいます。何事も慣れないことをする時は、当日の空気に合わせてアドリブを交えて進行するなどとは考えず、事前準備をしっかりと行うのが無難ですしスムーズに運びます。

宴会場探しは参加メンバーを把握することが肝心です。男性も女性も参加するのか、若い人だけの集まりか、家族連れかによっても雰囲気が違ってきますので、メンバーに合わせて会場やメニューを選びましょう。宴会には大勢の人が参加しますから、候補日は多くして、できるだけ皆の都合の付きやすい日にします。週末は込み合うことがありますので、日程を早く決め直ちに予約することもポイントです。

女性や若い人にはオーガニック食材を使った料理やワインバー、男性も女性も共に楽しめるのは居酒屋風の気取りのない店、家族的な雰囲気で楽しみたい時は、会場も座敷にして和食にするのも落ち着けるとして人気です。

飲んで食べるだけではなく、ゲームやビンゴ大会で盛り上げることも大切な役目です。またお金の管理は重要ですから、会費も当日までは徴収しておくといいでしょう。その他には二次会へのエスコートや、帰宅時のタクシー手配なども行えば、幹事としては合格ラインです。

新人さん必見のサイトが新宿宴会お料理格付けミシュランガイドです。食の宝庫・新宿で料理にこだわった宴会場をレポート付きで調べてくれているサイトになります。
自腹を切って潜入取材までしてくれているようで、レポート内容については、一般的なサイトにある口コミよりも信用性が高いと思います。やはりできる幹事であることが出世への第一歩であるので、ここは自ら進んで感じを買って出て、「できる奴」と社内の評価を集めてみてはいかがでしょうか?

無添加食品:サラシア茶

af9980023738w今その健康と美容への効能で注目されているサラシアですが、古来より薬として用いられてきた植物です。スリランカやインドでは糖尿病の特効薬として用いられ、血糖値の上昇を抑える効果があることが最近の研究で実証されてきました。

サラシアの根や幹から抽出したエキスは古くから薬効成分があるとされており、幹や根で作られた食器を利用することで健康作用を得るという方法もありました。サラシアはその根や幹、葉がそれぞれ薬効を持つとされており、糖尿病をはじめ月経不順、リウマチ、ぜんそく、湿疹、皮膚病、耳の疾患など様々な症状に効果があるとされています。サラシアの効能は、腸内で糖の吸収を抑制することにより腸内環境を整え血糖値を正常化するところにあります。サラシアによって腸内で吸収が阻害された糖類の一部は腸で働く善玉菌のエサとなることで腸内環境を整え、便秘や軟便を改善する効能もあります。この整腸の効能はビフィズス菌やオリゴ糖以上とも言われています。また腸の環境が整うことで美肌効果も期待できるのは嬉しい効能です。
昔から薬として使われてきた植物から抽出される天然の成分ですので身体への効果も優しく、免疫力を高めることで元気な身体を作ります。

健康茶はここ数年で一気に人気が出ましたよね。特にトクホ系メタボリック商品。いわゆる飲んでもリセットできる系のお茶です。知り合いなどは箱買いして毎日飲んでいるようですが、私はそんなに高くないサラシア茶というものを飲んでいます。味はお世辞にも美味しくないものの、そこは慣れで克服できます。

ホルモンは低カロリー

焼肉屋などで提供されるホルモンとは、豚や牛の臓物の総称です。牛や豚の臓物は栄養価が高く、値段が安いため、庶民に親しまれる食材です。韓国料理では特に臓物を使った料理法が発達しています。日本では焼肉のなかでも、ホルモン焼きというジャンルがあります。代表的な臓物の部位が大腸です。牛や豚の大腸は韓国語で「テッチャン」と呼びます。

焼肉屋によっては生の大腸をテッチャン、あるいはテチャンと呼び、茹でたものをホルモンとして提供しているところもあります。大腸はシマチョウと呼ばれることもあります。シマチョウと呼ばれるのは、腸の表面に縞模様があるためです。生のテッチャンの特徴は茹でていないため、脂肪分が残り、豊かなコクがあることです。そしてむっちり、しゃっきりとした独自な食感があります。茹でた大腸は一般の日本人が連想するホルモンそのもので、味噌味や塩味の調味ダレに漬け込んで鉄板焼きにします。生のものとは違った食感があり、茹でているためカロリーも控えめになります。他にもミノ(牛の第1胃)、ハチノス(牛の第二胃)、センマイ(牛の第3胃)、ギアラ(牛の第4胃)など多彩な種類があります。ホルモンと呼ばれる臓物は、手間隙をかけて下処理をして初めて美味しく食べられるものですから、焼肉店にとっては手が抜けないのです。

ちなみにホルモンは低カロリーで女性にも人気ですが、コレステロールが高いのが気がかりです。やはりコレステロールを減らすためには、網で油を落とすのが一番です。また、炭火ならではの燻煙効果で、なんともいえない美味しい煙がお肉いっぱいに付着します。

インタビューご協力:焼肉渋谷ほるもんぐぅ




↑ページトップへ戻る