体に安心な自然派食品

そもそも、添加物とは、体に良い影響を与えるものではなく、悪い影響を与えるもののほうが多いです。
それでも添加物が使用されているのは、防腐目的だったり、香り付け、色付けといった美味しそうに見せるためです。
しかし、ある添加物の場合、ごく僅かな量をマウスに摂取させたところ、死に至ったものまで存在します。

ですが、ほとんどの場合、含まれている量が人間の体重にとっては、非常に微量となる為、軽視されてしまっています。
実際に添加物が体に悪い影響を与えるという認識を持っている人は少なく、見た目の綺麗な、着色料をふんだんに使用した商品がよく売れるという状態になっています。
また、カロリーを抑えるために人口甘味料を使用している商品が非常に多いです。現在でもカロリーオフの新商品は、次々と開発され販売されています。それだけ、カロリーオフの商品の需要が高い為です。
そういった状況を打破するべく、今、無添加食材をすすめている専門家が増えてきています。
その効果もあり、現在は少しずつではあありますが、無添加食材が注目されてきています。
今後は更に無添加の商品が増えていくことは間違いないです。
しかし、その一方でカロリーオフの商品も増えていくのは避けて通れません。



ホルモンは低カロリー

焼肉屋などで提供されるホルモンとは、豚や牛の臓物の総称です。牛や豚の臓物は栄養価が高く、値段が安いため、庶民に親しまれる食材です。韓国料理では特に臓物を使った料理法が発達しています。日本では焼肉のなかでも、ホルモン焼きというジャンルがあります。代表的な臓物の部位が大腸です。牛や豚の大腸は韓国語で「テッチャン」と呼びます。

焼肉屋によっては生の大腸をテッチャン、あるいはテチャンと呼び、茹でたものをホルモンとして提供しているところもあります。大腸はシマチョウと呼ばれることもあります。シマチョウと呼ばれるのは、腸の表面に縞模様があるためです。生のテッチャンの特徴は茹でていないため、脂肪分が残り、豊かなコクがあることです。そしてむっちり、しゃっきりとした独自な食感があります。茹でた大腸は一般の日本人が連想するホルモンそのもので、味噌味や塩味の調味ダレに漬け込んで鉄板焼きにします。生のものとは違った食感があり、茹でているためカロリーも控えめになります。他にもミノ(牛の第1胃)、ハチノス(牛の第二胃)、センマイ(牛の第3胃)、ギアラ(牛の第4胃)など多彩な種類があります。ホルモンと呼ばれる臓物は、手間隙をかけて下処理をして初めて美味しく食べられるものですから、焼肉店にとっては手が抜けないのです。

ちなみにホルモンは低カロリーで女性にも人気ですが、コレステロールが高いのが気がかりです。やはりコレステロールを減らすためには、網で油を落とすのが一番です。また、炭火ならではの燻煙効果で、なんともいえない美味しい煙がお肉いっぱいに付着します。

インタビューご協力:焼肉渋谷ほるもんぐぅ

食関係の資格とは

自然派食品、無添加食材を使ったレストランが少し前から流行っていますね。

当然世の中が健康志向であることは間違いないですが、体の外から内まで良い効果がある食材を摂りたい、カロリーが低くて栄養が摂れる食材を食べたい、と思う人が増えているからこそ、そのニーズにあったレストランが増えているのだと思います。そんなお店を持ちたいという人もいると思いますが、まずは調理についての勉強をすることが良いでしょう。おすすめは調理師の専門学校の行くことです。調理の専門学校として有名なのは、「辻学園調理・製菓専門学校」や「織田調理師専門学校」などがあります。

調理に特化した学校で知識や技術を身に付ければ、調理師の資格の取得も可能です。ちなみに、調理師とは国家試験なのです。資格が持っていないと調理師とは名乗れないので、料理を作れるからと言って調理師とは呼べないことになります。

また調理師以外に勉強したいのは、栄養についてです。自然派食品や無添加食事を見極めるうえでも重要な勉強になります。こちらも専門の知識を身に付けるために学校の通うのが良いですが、有名な学校として「服部栄養専門学校」や「織田栄養専門学校」などがあります。栄養士や管理栄養士の資格取得も可能ですので、将来レストランを経営したいと思う人には、役立つ資格だと思います。

これらの専門学校の情報については、信頼できる専門学校情報サイトなどをを参考にすると良いでしょう

専門学校の情報を掲載しているこのサイトをチェックすると良いと思います。調理や栄養士に関する学校の情報が豊富に掲載されています。学科やコース、職業や就職先、学費などの情報も記載されているので、学校選びに非常に役立つと思います。学校の詳しい内容を知りたい場合は、こちらのサイトから複数を一括で資料請求も可能ですので、手間がかからず簡単です。まずは情報を取ることで自分が本当にやりたいことを見つめて下さい。そして、自分がレストランの経営者としてシェフとして働きたいと思うのであれ、それに向かって邁進して下さい。学校で学んだことが役立つことは間違いないでしょう。

あえて当ホームページではどこな学校が良いとは申し上げませんが、ご自身の目で色々な専門学校をチェックすると良いでしょう。

加根一の落合一郎商店の佃煮

昔に比べて食べる機会は減ったかもしれませんが、食べるとやっぱり美味しい佃煮。

私もこの愛知県にある加根一落合一郎商店さんの佃煮を食べる前は、「えー、わざわざ佃煮買う気にはならないなー」といった感じでした。

しかしお中元で、落ち合一郎商店の佃煮をもらって考えが変わりました。

ホントに美味しんですよ!

佃煮のおいしさの決め手は色々ありますが、重要なものとして素材があげられます。

この素材が良いものではないと美味しい佃煮は出来ません。素材選びに力を入れている佃煮屋さんを探すことが、美味しい 佃煮を見つけるコツとも言えます。大 正7年(1918年)創業の三河つくだ 煮の老舗 加根一は非常に素 材選びにこだわり無添加食材の提供を行っているため、贈り物などで利用しても非常に喜んでもらえます。

無添加佃煮の落合一郎商店

通常、なかなかお目にかかれない春限定のアサリの佃煮だけではなく牛肉、牡蠣や、基本的に地元の愛知県で取れる食材、たとえばウナギの佃煮など非常に珍しい食材の商品がWEBサイトに多く掲載されており、見ているだけでお腹が空いてくるようなサイトです。

私のおすすめは何と言っても大粒のあさりの佃煮です。ホントに美味しいんで是非皆さんにも試してほしいです。




↑ページトップへ戻る